2017年03月07日

3月6日啓蟄(けいちつ)を迎えました

大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ。『暦便覧』には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されている。
柳の若芽が芽吹き、ふきのとうの花が咲くころ。
私は道明寺天満宮に行ってきました。梅園はどこも満開です。

003.JPG

005.JPG

007.JPG

008.JPG

010.JPG

012.JPG

020.JPG

019.JPG

道明寺天満宮は、土師氏の氏神として成立し、のちに土師氏の子孫でつながりの深い菅原道真を祭神に加え天満宮となりました。学問の神様として信仰を集めています。 宝物館には、菅原道真公の愛用の品と伝わる国宝、伝菅公遺品をはじめとして多くの貴重な文化財が所蔵されています。梅の名所として名高く、毎年2月から3月にかけて多くの参拝者が境内の梅園を訪れます。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(1) | 府下(東部・河内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする