2017年05月18日

大阪に脈々と息づくアカデミズムの伝統を訪ねる

大阪に脈々と息づくアカデミズムの伝統を訪ねる
800px-Tekijuku_01.jpg
適塾は当時のままそのままに保存されている。見学もできる。

Aishu_Kindergarten_01.jpg
愛珠幼稚園

Aishu_Kindergarten_02.jpg
愛珠幼稚園の横から。寄付に寄り設立された。

▼舎蜜局跡

▼悲願の日本で6番目の帝国大学
大阪帝国大学は、1931年大阪医科大学を母体に医学部と理学部の2学部から構成されました。帝国大学は国の施策により、日本の最上位の国立高等教育として設置されていました。
当時、東京をしのぐ大都市であった大阪に「総合大学を」という声が民間から上がりました。帝国議会では反対論が多く、容易にに受理されませんでしたが、当時の知事や多くの熱意ある活動の末、悲願の大阪帝国大学が誕生したのです。
大阪帝国大学は、「壊徳堂」「適塾」のように、民間の意思により創設された帝国大学でした。
悲願の大阪帝国大学も大阪市民の寄付により設立されたのです。
posted by マッチ at 16:24| Comment(0) | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]