2017年01月20日

京橋OBPの開発は、停滞から再び活況に 2017年01

現在、OBPでは、二つの工事が始まって次第に埋まりつつあります。
新MIDビルは、松下電工のショールームだった松下電工京橋ビルが解体されて、ちゃんとしたビルを新築するもの。

012.JPG

013.JPG

016.JPG

017.JPG

018.JPG

019.JPG

020.JPG

いわばツイン21の仕切り直しの感じか?今回のこのビルはなかなかのビルである。
地上22階、高さ116.2m、延べ面積49,662uの超高層オフィスビル。

001.JPG

020.JPG
読売テレビ新本社 建築工事お知らせ

017.JPG

024.JPG

022.JPG
角度を変えて、現場北側、松下IMPビルから。

023.JPG
これも、さらに西寄りから

それに、もうひとつは読売テレビが、現在ビルがあるにもかかわらず、さらにOBP内で、もうひとつビルを新築するというもの。これには驚かされました。
読売テレビは当初、大阪市北区の既成市街地で開局しましたが、OBP開発の話が持ち上がると同時に、新天地を求めて、OBP内に開局しました。
読売テレビ放送の新社屋開発プロジェクトは二度目の移転となる。 同じOBPにある現本社から南へ400メートル、シアターBRAVA!(2016年閉館)とその隣接地1万2000m2に、高さ80mの規模で新ビルを建設する。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:11| Comment(0) | 京橋・桜宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]