2016年10月26日

ついに心斎橋でツインタワーマンションが上がってきた

大阪では誰も驚かないレベルですが。
ツインタワーと言ってみたところで誰も驚かない。
そうです! 昔から大阪のツインタワーはめちゃくちゃ多い。

008.JPG

002.JPG

017.JPG

泉大津アルザタワー、
JR堺市駅前ベルマージュ堺
弁天町駅前ではORC(オーク)200がある。
オークプリオタワー、クロスタワーベイなど200メートル級が集中している。
ま、あいかわらず大阪の不動産市況は絶好調を持続して活況である。
名古屋も少し頑張ってほしいところ。

006.JPG

002.JPG

013.JPG

ブランズタワー・ウェルス心斎橋Uは少々小さいです。
1期が地上36階125メートルですから
小さいというより、おまけに近いです。

013.JPG

▼ブランズタワー・ウェルス心斎橋SAUTH
(仮称)東心斎橋1丁目計画U
構造:鉄筋コンクリーと造
地上30階 地下1階
高さ:98.70m
工事開始時期:平成27年3月末日
工事完了時期:平成29年12月末日
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 14:46| Comment(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子育て支援に詳しいニッセイ基礎研究所の天野馨南子研究員は
「子育て世帯を高コストで過密な都心に流入させる愚
政策は、賃料上昇や財政破綻を招くしかない。
子育て環境としては問題だけが多く、
本来は地方へ人を誘導することで
特にベッドタウン圏を拡げてきた大阪圏などは
率先して都心人口を削減し郊外他県へ誘導して
解決を図るべきだ」と指摘する。
Posted by LOVE馨南子LOVE子育てLOVE郊外住 at 2016年12月18日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]