2016年04月05日

(仮称)新MID大阪京橋ビル新築工事

満開の桜を見ながら1階部分の躯体工事にかかりました。
構造は鉄筋コンクリート造・鉄骨造と複合構造という珍しい構造になっています。
竹中工務店の最近の建築構造にも、そうした構造を見ることになります。

021.JPG

022.JPG

023.JPG

024.JPG

阿倍野の岸本ビルもRC造・S造の混合構造になっています。
おそらく構造としては、単にS造とするよりも、ベストな複合構造にしているのでしょう。
工期が伸びるのもやむなしの面があっても設計の裁量も考慮した格好です。

025.JPG

030.JPG

032.JPG

033.JPG

shinmid6fafd.jpg
完成予想図

2017年9月末の竣工を予定している。
(仮称)新MID大阪京橋ビル
構造:RC造・S造
地上22階 搭屋2階
高さ 116.27m
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(0) | 京橋・桜宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]