2016年01月16日

ザ・パークハウス中之島タワー 2016.01

resize.jpg
完成予想

注目の日本一の免震超高層、日本一の称号となるザ・パークハウス中之島タワーが高くなってきました。現場の週間工程によると16階躯体工事になっています。

025.JPG

026.JPG
堂島大橋越しからも、土佐堀橋からも見えてきました。

014.JPG

013.JPG

011.JPG
完成予想図が現実感を持って見えてきます。

008.JPG

003.JPG

ちょっと離れて見る方が、スケール感が一層つかめるようです。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る

posted by マッチ at 11:27| Comment(1) | 中之島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは都市にとって、事務所ビルが何より重要と考えるからです。オフィスビルが全て差し置いて重要ということです。
タワマンなどは田舎でもあります。大都市の中心業務地区はCBD(central business district)と呼ばれる。
日本では中枢管理地区というのが一般的。管理部門や営業部門などが入居して、
単位面積当りの生産性の最も高いのが事務所ビルと言われる。
マンションや集合住宅はいくら集っても都市にならない。
住宅が都市になるのであれば、泉北NTなどは大阪の中心になってなければおかしい。
そのような理由からオフィスビルが最重要とする考え方。都市の力量はオフィスビルの集積だけに比例する。
Posted by 都市の力量 at 2016年01月30日 11:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]