2015年11月21日

大阪城京橋口・OBPプロムナード 紅葉に染まる

連休を迎えた11月21日、京橋のOBPでは大阪城京橋プロムナードのケヤキ並木が紅葉に染まり見頃を向かえた。
ケヤキが街路樹に植樹されるのは比較的新しく、大阪ではまとまって並木になっているケースは少ない。どちらかというと、関東に多く見られる街路樹である。

014.JPG

015.JPG

一般的には落葉樹で、冬にはすっかり葉を落とす。庭に植えると夏は木陰で涼しく、冬には完全に落葉するため陽が差して都合が良い。反対に常緑樹のクスノキやカシも春に大量の落葉がある。新しい葉に生え変わる。
Wikipediaによると、ケヤキ(欅)は、ニレ科ケヤキ属の落葉高木。ツキ(槻)ともいう。

018.JPG
住友生命のいずみホールアプローチにもケヤキが並木状に植えられている。

019.JPG

020.JPG

高さ20 - 25mの大木になり40mを超す個体もある。葉の鋸歯は曲線的に葉先に向かう特徴的な形であり、鋸歯の先端は尖る。雌雄同株で雌雄異花である。花は4 - 5月頃、葉が出る前に開花する。
秋の紅葉が美しい樹木でもある。個体によって色が異なり、赤や黄色に紅葉する。
日本の道100選
定禅寺通り(宮城県仙台市) - 中央分離帯2列と両側歩道2列の計4列
新宿副都心街路(東京都新宿区)などが、日本の道100選に選定されている。

023.JPG

024.JPG

025.JPG
もう一つは、
銀杏の黄葉は大阪城京橋口に色づいた見事な銀杏の木がありました。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 23:23| Comment(0) | 天満橋・大手前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]