2015年10月17日

ふたたびの枚岡公園 国道308号暗越奈良街道 法照寺 重願寺

ジャジャーン!
またまた枚岡公園にやってきました。
枚岡公園の駐車場に車を止めてお寺めぐりです。

029.JPG
枚岡公園駐車場です。

004.JPG

003.JPG
登りショートカット道に進みます。

005.JPG
長持石休憩所が見えてきました。

007.JPG
長持石休憩所の到着です。

まずは、国道308号暗越奈良街道方面に歩きます。法照寺というお寺は暗越奈良街道に面してあります。多宝塔のある立派なお寺です。
横に川があり周辺の樹木は楓が多く紅葉がキレイです。
027.JPG
イケテル松があります。

015.JPG
お寺の中に入ります。

011.JPG
山門をくぐります。

014.JPG

お寺に参拝しましたが、お寺の憎侶は法要かなにかがあるようで、慌ただしく下の会場と往復しておられました。僕はトイレを借用したくなったのですが、中にしかないようでした。
豊浦橋は高いところにありました。橋を渡り対岸に出ると、道が複雑に入り組んでいました。そこから下流に歩くが、足元が悪くスベリそうになる。

019.JPG

023.JPG

この豊浦川沿いのハイキング道を登ってくるグループが何組かいた。
あまりに歩きにくいので、この前おじさんに会った下の小橋を渡って国道308号にもどる。

026.JPG

友達はここからどう行く?上にも道があるみたいだよ。と聞いてきたが、上の道は桜広場とか、急な坂が多いので、迷うことなく来たルートで帰ることにした。

つまり、長持石前休憩所から枚岡公園に入るルートで。

029.JPG
駐車場が見えてきました。
駐車場のすぐ横の重願寺を見てから、駐車場に戻った。

034.JPG

035.JPG

重願寺からの眺望はそこそこで、見晴らしの効く場所もあって、彼は「あっ!ハルカスや!!と叫んでいたが、正直、この日の視界は最悪でした。
ハルカスも見えていたが、正直最悪の視界だったので撮影のつもりはなかった。
お寺見物を終えてから、昼飯にして、グリーンガーデンひらおかまで車を走らせた。
枚岡公園の駐車場からグリーンガーデンひらおかまで100メートルもない距離だが、上下移動が大変なのである。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 17:11| Comment(3) | 府下(東部・河内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しています.KOZUです.私は大学時代に京都に下宿したり,ちょっとだけ会社員をやっていたときに東京に住んだりしましたが基本的に26年前に結婚するまでは東豊浦町に住んでいましたので,枚岡公園一帯はとても懐かしいです.母親を近所に引き取って(もう亡くなりましたが),枚岡の家を売った後は枚岡に行くこともなくなりましたが,機会があれば訪ねてみたいと思っています.私が子供のころは枚岡梅林の南側は田畑で古墳も多くまた小さなせせらぎがあったりして,セリやヨメナを取ったり,あるいは沢ガニを取ったり,また枚岡公園では,夏の朝にはカブトムシやクワガタを取りに行ったものです.私は高所恐怖症なので豊浦橋はダメでしたが.マッチ様,懐かしい風景をありがとうございました.
Posted by KOZU at 2015年10月17日 18:34
KOZU様
お久し振りです。
私は枚岡公園によく行くようになって、5〜6年になるでしょうか。
体力がなくなったので、登山は無理になりました。枚岡公園の上の方で、枚岡山展望台まで登ったのは5〜6年前ですが、それから足の裏が痛くて、いまだに治りません。

最近また、生駒山麓の発掘に努めています。
Posted by マッチ at 2015年10月18日 13:30
枚岡に住んでいてよかったのは大阪の夜景がきれいなことです.子供の頃,右の明るいところが梅田で左の明るいところが難波というのを覚えました.その後,徐々に高層ビルが増えるのが楽しみでしたが,近年はどんどん高層ビルが増えて,枚岡の家を売った頃には子供の頃とは見違えるような光景になっていました.子供の頃は夜景を楽しんでいたのに,枚岡を引き揚げる頃(7年前ぐらいです)には昼景が楽しみになっていました.

一方,生駒山麓はいまでも,雑多な宗教が混在しているようで,昔『生駒の神々』という本を手にして楽しんでいました.いくつもの谷に沿って,雑多な宗教が点在するのも生駒山麓の面白いところかもしれません.ただ,私が子供の頃には谷によっては野犬注意でしたが.

ところで展望台ですが,枚岡山展望台はちょっとした登山になりますが,額田山展望台なら散歩の延長ぐらいの感覚で行けてしまいます.体力に自信のない方には額田山展望台がお奨めです.
Posted by KOZU at 2015年10月19日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]