2015年10月06日

“てんしば”オープン後の立ち上がり

てんしばのオープンは10月1日でしたが、雨の天候になり、運悪く悪天候でした。
オープン2日目の10月2日は晴れました。透き通るような秋晴れに恵まれました。
初日は木曜日、2日目は金曜日でした。いずれも平日でしたが、てんしばの立ち上がりはどうだったのでしょうか。

045.JPG

003.JPG

004.JPG
まだ暑いようで、日差しを避けて木陰で休憩する人達もいました。

天王寺・阿倍野というところは大阪でも不思議な場所になります。
もう何年前になるのでしょうか?
JR天王寺駅北口にある、あのあべ地下(阿倍野地下街)のオープン初日(昭和43年11月30日)には空前の人出となり、広くもない地下街全体が、終日身動きできない状況になりました。

047.JPG
キレイな外人も出動していました。

049.JPG
もちろんキレイなママたちも出動です。

それに、記憶に新しい、2011年4月にオープンのあべのキューズモールのオープンにも空前の人出になりました。
傾向として、初物食い、飽きやすい傾向があります。
だから、てんしばオープンでも、人出の心配はしていませんでした。

051.JPG
さっそく芝生広場で遊ぶ人もいました。

059.JPG
ファミマ店内にて。

雨が降っても、槍が降っても、人出があるでしょう。
事実、10月1日・2日、てんしばをのぞいてみましたが、続々と人波が続いていました。
飽きやすいのが、ちょっと心配ですが・・・
10月2日の人出も相当なものでした。
外人もけっこういました。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 14:25| Comment(4) | 天王寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も、昨日ですが遅めのランチで、古潭ラーメンを食べてから、初てんしばでした。いやーっ、人が多かったですね。まだ、開業していないお店もありましたが、なかなかえー感じ。でも、芝生大丈夫でしょうか??しかし、エリアの横のラブホ街何とかならないのでしょうかね~。
Posted by 道後温泉倶楽部 at 2015年10月06日 23:48
分かります。周辺も整備して欲しいですよね。
公園は以前に比べ格段に良くなったと思います。
欲を言えば屋根の色も統一してほしかったな、内側は木造テイストでなかなかなんですが、外はちゃっちく見えます。ハルカスからもよく見えるだろうに。

芝生も心配ですが、新たな憩いの場として定着することを願ってます。
Posted by Masa at 2015年10月07日 07:33
僕も、ときどき軽く昼飯を食べますが、
最近、古潭ラーメンを忘れてました。
古潭ラーメンは、あべ地下オープン当初からあったと思います。
おそらく40年になるのでは。

ラブホ街はどうにもならんかも。
新世界に串カツもありますが。

Posted by マッチ at 2015年10月07日 14:30
かつては天王寺公園をホームレスが不法占拠してバラックがいたるところにあった上に、日夜関係なくカラオケ大会をしていた頃と比べると雲泥の差なので驚きます。
昔はともかく、芝生エリアに浮浪者が住み着くこともなくなりましたね。
Posted by 阿倍野区民 at 2017年08月17日 15:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]