2015年05月26日

府立成人病センター整備事業 15.05

しばらく放置・充電していましたが、本日より開発カテゴリー記事を、再始動いたします。今月は都構想に集中していましたので、他の記事が手薄になってしまいました。気になるのはアドセンスの成り行きくらいですが、開き直って、できるだけ少ない記事数で、どのくらいのパフォーマンスを残せるのか、挑戦中といったところです。やはり例月よりも少ないですが、残り一週間で頑張りたいと思います。さいわい5月25日現在、四桁の大台に乗せました。
橋下氏敗北、引退発表以後、NHKニュース7及び、ニュースウォッチ9などの報道に微妙な変化を感じています。全国ニュースで大阪が全く出てこないのが気になります。代って名古屋の出現頻度が高まっています。
NHK報道で見る限り、この傾向は以前から見られましたが、最近はなし崩しに名古屋が大阪以上によく出現します。

ca9e61.jpg
大阪府立成人病センター整備事業、完成予想パース

府立成人病センターは森ノ宮から大手前へ、移転・建替えすべく大手前で工事が始まり、ようやく躯体が上る段階になった。
府庁本館などがひしめく大手前官庁街で、去年6月に着工したものである。

IMG_4628.JPG
現在の工事状況です。

IMG_4629.JPG
工事標識が並んでいます。

規模はRC一部S造地下2階地上13階建て延べ6万8191平方b。建物高さは62・63b。免震構造を採用する。病床数は500床。建設地は大阪市中央区大手前3−3−5(地番)。敷地面積は1万2833平方bで、このうち7380平方bを建築面積に充てる。地下鉄谷町線・中央線の谷町四丁目駅と地下連絡通路で直結する予定。

IMG_4631.JPG

IMG_4632.JPG
府庁別館の東側で工事が急ピッチで進行しています。

大阪府立病院機構は2012年に総合評価落札方式の一般競争入札を実施し、258億4272万円で竹中工務店グループ(代表企業・竹中工務店、構成企業・三菱電機ビルテクノサービス、三菱電機ライフサービス、協力企業・日本設計)に決めている。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(1) | 天満橋・大手前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですか、名古屋の出現頻度が高まっていますか。

皆さんは大阪と名古屋について、以下のどのような関係にあるとお考えでしょうか。
1.名古屋は大阪と客を取り合う競合関係
2.名古屋は大阪と連携・交流する協力関係
3.名古屋は大阪の衛星都市の主従関係
4.名古屋は東京と徒党を組む敵対関係

私は2である、かつ2が望ましいと考えています。
Posted by 魔道士使い at 2015年05月27日 01:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]