2015年04月25日

府立成人病センター整備事業 RC地上躯体 構築開始!

大阪府庁本館の南側で工事中の府立成人病センター整備事業の躯体が上り始めた。
所在地は、大阪市中央区大手前3丁目で、大阪府警察本部や大阪府庁別館、大阪府新別館北館・南館が建ち並ぶ街区に建設工事中である。

seijinbyou 420.jpg
完成予想パース

大阪府立病院機構は2012年に総合評価落札方式の一般競争入札を実施し、258億4272万円で竹中工務店グループ(代表企業・竹中工務店、構成企業・三菱電機ビルテクノサービス、三菱電機ライフサービス、協力企業・日本設計)に決定している。

001.JPG
敷地北側から見た現場の様子です。

002.JPG

004.JPG
工事仮囲いの外側から。RC躯体2階(3FL)まで上っています。

005.JPG
現場西面では鉄骨庇状の構造が見えています。一部S造の部分かもしれません。

規模はRC一部S造地下2階地上13階建て延べ6万8191u。建物高さは62・63b。免震構造を採用する。病床数は500床。建設地は大阪市中央区大手前3−3−5(地番)。敷地面積は1万2833uで、このうち7380uを建築面積に充てる。地下鉄谷町線・中央線の谷町四丁目駅と地下連絡通路で直結する予定となっている。
BTO(建設・譲渡・運営)方式のPFIを導入する。森ノ宮にあり、老朽化が進む大阪府立成人病センター(大阪市東成区)を移転・建て替える事業である。
2014年6月から建築工事に着手し、2016年11月に竣工を目指している。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 09:54| Comment(0) | 天満橋・大手前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]