2014年08月24日

ウェリス難波宮 上町 14.08

この場所に立っていた建物はいささか古く平凡な3〜4階建程度の府の建物でした。(この建物は戦後、進駐軍に接収された後、返還され、財団法人大阪府婦人会館として運用され、1960年代に大阪府が借り上げて「大阪府婦人会館」とした(1982年に「大阪府立婦人会館」に改称)。1994年(平成6年)4月1日に大阪府立女性総合センター(ドーンセンター)ができると、婦人のための会館としての役割を終えた。注釈※:ウィキペディア国防婦人会の項による)
それが、もと府立婦人会館跡地であるが、平成6年10月府立婦人会館閉館後、(府の代替え施設ドーンセンター開館)もとの跡地は一時期大阪府警察本部上町別館として使われた経緯がある。当初は(仮称)中央区上町計画を名乗っていたが、NTT都市開発のマンションブランド「ウェリス」として建設することとなった。両側に大槻能楽堂と上町セイワビルが建っている。

001.JPG
上町筋、難波宮史跡公園近くに、難波宮を名乗る分譲マンション、新登場。

003.JPG

040-662e8.jpg

002.JPG
元府立婦人会館跡地にウェリス難波宮がデビューです。

004.JPG

既存建物解体後、本格的に着工となり、正式名も「ウェリス難波宮 上町」に決定した。
建築物の名称は(仮称)中央区上町計画からNTT都市開発のマンションブランドになった。建物の高さは44m。所在地:大阪市中央区上町2番3、上町一丁目31番3(地番)
交通:大阪市営地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線 「谷町六丁目」駅(7番出入口)徒歩5分
設計・監理:株式会社長谷工コーポレーション大阪エンジニアリング事業部
施工:株式会社長谷工コーポレーション
総戸数:56戸
構造・規模;鉄筋コンクリート造、地上15階建
敷地面積:978.02m2
建築面積:451.48m2
延床面積:5,076.99m2
用途地域:商業地域、第2種住居地域
建ぺい率:80%
竣工時期:平成28年2月下旬(予定)
売主:エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 22:42| Comment(0) | 上本町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]