2014年08月06日

難波宮発掘!感動の名言「われ、幻の大極殿を見たり」〜60周年 大阪歴史博物館

大阪歴史博物館では、平成26年6月21日(土)から8月18日(月)まで、6階特別展示室において、
特別展「大阪遺産 難波宮−遺跡を読み解くキーワード−」を開催しています。
いうまでもなく、山根徳太郎博士の熱意が実を結んだのです。

Osaka_museum_of_history03.jpg
大阪歴史博物館

title.jpg
難波宮発掘60周年

034.JPG
大阪歴史博物館の1階入り口の様子。

800px-Preceding_naniwanomiya2.jpg
後期難波宮の模型

幻の宮とされた難波宮が次第に明らかになってきました。1961年(昭和36年)に後期・難波宮の大極殿跡を発見。難波宮大極殿発見時、「われ、幻の大極殿を見たり」という名言を残した。
そればかりか、谷川彰英氏は東大阪市の「日下」が我が日本のルーツだったと断言しておられる。大阪の歴史の古さに比べれば、奈良も京都も新興のニュータウンということになる。大阪の起源は高津宮(たかつのみや)とされる。高津宮は仁徳天皇の宮殿であった。

035.JPG
特別展の様子。

難波宮は645年の大化の改新の孝徳期の難波長柄豊崎宮とされる。
しかし起源を求めるならば、はるかに古く仁徳天皇が宮を置いたことに始まる。
応神天皇の宮は不明。
高津の宮の昔より・・・で始まる(大阪市歌)は仁徳天皇を歌った歌だったことになる。
仁徳天皇は別名「難波天皇」と呼ばれる。民のかまどに立つ煙を見て税を免除した話は有名。仁徳天皇が即位したのは仁徳天皇元年(313年)と、住吉大社のサイトに書かれている。
【難波京】
古代の主要交通路だった瀬戸内海の東端に位置する難波には古くから倭国王の王宮が営まれており、古墳時代には仁徳天皇が最初に難波に宮を置いたとする伝承があり(『日本書紀』)、飛鳥時代には孝徳天皇が難波長柄豊埼宮を設けた。
▼難波宮概要
難波宮のことは史書(『日本書紀』)には載っていたが、第二次世界大戦が終わるまでは所在地は不明なままであった。1913年(大正2年)大阪城外堀の南付近で数個の重圏文(じゅうけんもん)・蓮華文の瓦が発見されていたが、ほとんどの人は省みなかった。しかし、1953年(昭和28年)同所付近から鴟尾(しび)が発見された。このことがきっかけになり山根徳太郎を指導者とする難波宮址顕彰会の努力により発掘・調査が進み、奈良時代の宮の遺構が次第に明らかになった。

039.JPG
特別展の展示、山根徳太郎氏。

037.JPG
新聞記事も展示されていた。

【前期難波宮】
乙巳の変ののち、645年に孝徳天皇は難波(難波長柄豊崎宮)に遷都し、宮殿は652年に完成した。大化の改新とよばれる革新政治はこの宮でおこなわれたが、この宮は建物がすべて掘立柱建物から成り、草葺屋根であった。『日本書紀』には「その宮殿の状、殫(ことごとくに)諭(い)ふべからず」と記されており、ことばでは言い尽くせないほどの偉容をほこる宮殿であった。
▼建築物の概要
回廊と門で守られた北側の区画は東西185メートル、南北200メートル以上の天皇の住む内裏。その南に当時としては最大級の東西約36メール・南北約19メートルの前殿、ひとまわり小さな後殿が廊下で結ばれている。前殿が正殿である。内裏南門の左右に八角形の楼閣状の建物が見つかった。これは、難波宮の荘厳さを示す建物である。
【後期難波宮】
奈良時代の神亀3年(726年)に聖武天皇が藤原宇合を知造難波宮事に任命して難波京の造営に着手させ、平城京の副都とした。中国の技法である礎石建、瓦葺屋根[1]の宮殿が造られた。天平15年(744年)に遷都され、このとき難波京も成立していたと考えられている。翌天平16年1月1日、難波宮から紫香楽宮へ遷都した。

よく聞く話では、戦前の教科書には「大阪市歌」が載っていたという。
大正10年4月に制定された。
大阪市歌(作詞:堀沢周安)
1、高津の宮の昔より、よよの栄を重ねきて、民のかまどに立つ煙
  にぎわいまさる 大阪市、 にぎわいまさる 大阪市

2、なにわの春のあさぼらけ、生気ちまたにみなぎりて、物みな動くなりわいの
  力ぞ強き 大阪市、 力ぞ強き 大阪市

3、東洋一の商工地、咲くやこの花さきがけて、よもに香りを送るべき
  務ぞ重き 大阪市、 務ぞ重き 大阪市

難波宮発掘60周年にちなみ、大阪歴史博物館では、
今年、難波宮第1次発掘調査から60周年にあたることを記念し、盛夏の“なにわ歴博講座”では、難波宮発掘の歴史と謎にせまります! 
金曜日夕方6時半開講

難波宮跡の第1次発掘調査は、前年に見つかった鴟尾(しび)の破片を大きなきっかけとして、山根徳太郎博士の主導のもと、昭和29年(1954)2月20日から開始されました。初期の調査では、瓦は見つかるものの、建物跡が見つからず、「難破した宮」、「山根の宮」とも揶揄されました。
しかし、関係者の努力のもと、宮殿に関わる掘立柱の発見をきっかけに建物配置が徐々に判明し、昭和36年(1961)に行われた第13次調査では、ついに奈良時代の後期難波宮大極殿跡を発見しました。その結果、長らく幻とされた難波宮跡が、その存在を世に知られることになりました。現在では、飛鳥時代と奈良時代の前・後二時期の宮殿跡が明らかとなっています。
どなたかのリクエストで、難波宮発掘60周年特別展をやっているので、僕の感想を書いてほしいと。ありましたので、記事にしました。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 12:28| Comment(13) | 天満橋・大手前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨今注目の「大阪都構想」
賛否はあるんでしょうが、他方旧皇族出身の憲法学者竹田氏が言う「東京都の『都』は天皇陛下のおはす場所」として、大阪は『都』を名乗れないとおっしゃられます。
天皇陛下、帝、主上、お上、王家と天皇呼称は時代時代で多数存在しますが、
天皇陛下たる帝がおはす場所が『都』だったことは、明治維新より以前にはなかったと思います。
平城京、平安京の『京』
あるいは難波宮、大津宮、紫香楽宮の『宮』
これが古代より「天皇在所」を示す場所の呼称でしょうね。
『都』は「京の都(きょうのみやこ)」と言うようにパブリックな呼称と言うよりか俗語だったのではないでしょうか。
「京の都(きょうのみやこ)」から「京都(きょうと)」の呼称が言われはじめたのは、
京都所司代や京都守護職という江戸幕府の官職が置かれたように、
豊臣秀吉あるいは徳川幕府成立より以降、もっぱら江戸時代よりか後のはなしなんでしょうね。
『都』に古代の官職的意味がないとすれば、竹田教授や石原慎太郎さんらがいう拘りもまったく意味をなさないことになります。
東京都の『都』は特にメトロポリタンやキャピタルの意味もありません。
大阪府は正々堂々「大阪都」を名乗れるでしょう。
それか、明治維新から戦時体制までは東京府、大阪府、京都府の3府体制でした。
『府』は古代より政庁がおかれた場所です。
大宰府、多賀城府、鎌倉幕府、室町幕府、江戸幕府の幕府の『府』も政庁、今でいう行政府の置かれた場所を指すのでしょう。
大阪都が生理的に嫌だという方がどうしてもおられるのならば、特別行政区を擁する行政単位を新たに『府』と定め、大阪府はそのまま、東京都に『東京府』に戻っていただくのもありかなと思います。
Posted by 帝のおはす場所は「京」か「宮」 at 2014年08月06日 16:14
「大阪都が生理的に嫌」だから東京都を東京府にするだと?それが「あり」だと?

一体あなたの感覚はどれほど非現実的なのでしょう? 東京都を府に書き換えることで幾ら予算が必要だと思いますか? それを国民の税金でまかなうのですか? そんな無意味な出費と労力をふつうの日本人が惜しまないとでも?
大阪都が生理的に嫌だからというだけの理由で誰が納得するもんですか。勘弁してよ。
Posted by もっと現実的思考を at 2014年08月06日 19:52
そうですね。今更東京都を東京府に戻すのは現実的ではないでしょうね。
しかも大阪の事情で東京に行政コストをご負担いただくのは気の毒というものでしょう。
『都』に天皇陛下がおはす場所の意味も、キャピタルの意味もメトロポリタンの意味もない以上は、
ここは素直に『大阪都』の名称を日本の総意でお認めいただくしかないでしょう。

しかしそれでも、陛下がどうの首都がどうの屁理屈並べたてられたら、それは「売られた喧嘩」じゃないでしょうか。
大阪都まかりならぬなら、じゃあ大阪府のまま特別行政区に以降してもいいけど、東京都さんは法理に沿って東京府に戻してくださいよね。
京都府はややこしいよね。今更京都県というのも京都の方に気の毒だし納得いかんだろうし、
京都府だけ新会社法の有限会社みたいに「みなし県」ですか。しかしややこしいですねと。
大阪都の名称まかりならぬと言われた場合のオプションは、大阪として持っておかなけれななりません。

そうやってオプションを示せば、大阪が独自に「大阪都」になることが、行政コストも最小で済むしいいよねになりますよね。
Posted by 四の五の言わず「大阪都」に at 2014年08月06日 20:59
現状のまま大阪府と大阪市。
これが行政コスト最小で済むしいいよねになります。
二重行政解消とかどこまで信用できるのやら。
Posted by もっと現実的思考を at 2014年08月06日 23:51
大阪都構想は法定協での設計図が総務大臣に提出されるに至っています。
大阪都構想に反対なさる方のご意志、ご意見に正しいも間違っているも申し上げる気はありませんが、
現実的政策課題に「出来っこない」と強弁なさる段階はもう過ぎ去ったんじゃないでしょうか。
それが現実的客観的な政治状況でしょう。

現実的思考とおっしゃる輩が大阪市民で、大阪都構想に関する住民投票で反対の意思表示をなさること自体にとやかく意見申しません。
それは個人の主権者たる一般市民の意思として尊重されるべきでしょう。
しかし、住民投票で大阪都移行が決定すれば、それは素直に聞き入れるべきではないでしょうか。
Posted by 大阪都構想は現実的政策課題 at 2014年08月07日 13:27
東京府に戻っていただくのもあり、という暴論に突っ込んだまで。あまりに馬鹿っぼいので可哀想になりまして。

大阪都構想が実現するのは構いません。
だがもし実現しなかったら東京から都を取り払おうという非現実的な屁理屈を吐露するあたりに何か不気味な精神を感じました。
Posted by もっと現実的思考を at 2014年08月07日 18:19
実現しなかったらとは2つの局面を指すと思われますがどちらを指すのでしょうか。
大阪市民を対象にした住民登場で否決された場合でしょうか。
これは実現出来ずとも仕方のないことですね。民主主義ですから。主権者の意思で実現できないものは仕方がない。
それとも大阪府と大阪市が合併して特別行政区を新たに設置する言はいる「都構想」は住民投票を経て実現はするが、
東京都以外に『都』は名乗らせないぞ。大阪は特別行政区に以降しても『府』のままだ、大阪は大阪府のままだということでしょうか。
法律が都道府県のうちの特別行政区を擁する地方自治体を新たに『府』と定めるのならば大阪はそれでも構いません。
しかしその場合は例外対象になる東京都さんにも京都府さんにも落とし前をつけてくれないと、日本で新たな地方自治制度が始まるのに例外だらけというのはいかがなものでしょうか。
しかし、大阪の事情で東京にも京都にも別途行政コストを掛けて呼称変更等乞うのはなんとも気の毒です。
法律が素直に『大阪都』の呼称を認めることが、大阪だけの住居表示変更で済んで一番行政コストもかかりません。
そこに机の引き出しの奥からほこりの被った屁理屈な理屈をひっぱり出すののならば、
東京都さんにも京都府さんにも道連れ変更いただきたいですなあ。
Posted by 実現しなかったらとは? at 2014年08月07日 22:01
だからその「道連れ」の考え方が何様?ってこと。大阪都でも大阪府でもどうでもいいんだよ。大阪は大阪で好きにすればよい。俺は国家の人間じゃないんで国家の陰謀で大阪都を阻止するとかま〜ったく無関係。俺の意見は国の意見ではないことぐらいわかるだろ。

俺が言いたいのは、東京都を東京府にしろという意見の非現実性だ。わかるよな?誰でも無駄だと思うはずだよな?
大阪都は現実的でも東京府は非現実的なの。それしか俺は基本的に主張してないの。ね? おわかり?わかってね。
Posted by もっと現実的思考を at 2014年08月07日 22:34
笹井を追い詰めたのは東京京都の悪文化
京都東京両害京が笹井を殺した

一事百罰即解体を囃される
『大阪の』検察特捜部&『神戸の』理研CDBへの過酷仕打

理事長腐敗=組織自体地域自体の性格 漢検協会への
メディア始め東京勢の生暖か過ぎる擁護&守られて当然面の厚顔京都

日本の宿痾の凝縮。
両京殲滅。阪神2都こそ全国ヘゲモニーを

京都駅から南 南区伏見区西京区
向日市長岡京市久御山町を分離
大阪府(大阪都)伏見市独立!
医療限定縛りなどとんでもない オールジャンルで
神戸・大阪・伏見3大市(都)本社本部中央政府特区
道州制幻想排除(関東地方含)日本全国を配下に敷き統括支配

京都市残りは東京の慰みモノ
山城県庁所在地で分相応

Posted by 阪神奪都 at 2014年08月07日 22:46
偽京都は偽東京の出城
植民地総督府相当の抑圧装置
Posted by 偽満 at 2014年08月07日 22:57
要するに二重行政の無駄を無くすのが目的ですよね
今は解りやすいように、「仮」に「都」と表わしているだけで
権限さえキッチリ決まるならば呼び方など今のままでも
特に問題はないでしょう
政令指定都市と一般の市が混在しているように
新たな枠組みを定めて(つまり特別行政区ね)
現在の大阪市を政令指定都市から外すだけで
『一丁上がり』では無いのですか
京都県だの東京府だの果ては天皇が云々だの
屁理屈ごねすぎどすえ〜

Posted by 通行人 at 2014年08月13日 04:13
大阪都構想に関する最終目的は通行人さんのおっしゃる通りだと思います。
現行東京都のような都道府県と市町村が一体となった特別行政区を擁する地方自治制度は東京都の『都』しかないから、便宜上大阪府と大阪市が特別行政区を目指すと(仮称)『大阪都』と言わざるを得ないし有権者にもいったい何がしたいのかイメージが伝わらない問題があります。
特別行政区への移行も法律できちっとうたってもらわないといけなし、それに大阪府も東京都も、ひょとしたら京都府にも干渉してくる可能性は否めません。大阪の問題で他都府県さまにご苦労をお掛けするのは忍び難く、出来れば大阪だけで済む問題に収斂するのが望ましいでしょう。
最初から大阪都構想反対に方に言うことはないのですが、石原慎太郎さんや竹田のお坊ちゃんのように表面上「橋下さんを応援しますよ」と言いながら、「東京都の都は首都の都だから東京以外は名乗れない」とか、「東京都の都は天皇陛下がおはず場所をさす都だから陛下がおはさない大阪は都を名乗れない」とか言われると結局それって「総論賛成各論反対」で「とどのつまり大阪都構想反対なの?」と思わざるを得ません。
大阪が特別行政区に移行すること、それを推進する大阪維新の会、松井知事、橋下市長には賛成だ、支持するとおっしゃりつつ「でも大阪都の名称は駄目」と言われればなるべき政策もくだらないイデオロギーでならなくなってしまう。
とどのつまり、大阪都構想反対ならばそうおっしゃればいい。
反対じゃないのならば素直に大阪都の名称をお認めいただきたいですね。

屁理屈をごねているのは本音で大阪都構想に賛成だか反対だかよくわからない石原慎太郎氏や竹田のお坊ちゃんです。
Posted by 総論賛成各論反対 at 2014年08月14日 13:50
知らんがな
Posted by そんなことここで言われても at 2014年08月14日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]