2014年05月08日

クラッシィタワー南船場2014.5

超高層・大規模建築限定ですが、マンション現場を回ることにします。
新規着工の現場は続々と増えているようですが、都心居住に向けてこの傾向は持続してほしいところです。
「クラッシィタワー南船場」は長堀通の北になりますが、堺筋の東側です。
大阪都心は長堀通がオフィスの南限というのが持論ですが、御堂筋と堺筋あるいは四つ橋筋とそれぞれに趣きも違うようです。
それは御堂筋が消費者商業地区で埋め尽くされているのに対して、堺筋・四つ橋ではオフィス街がかなり南に食い込んでいる印象を受けます。

036.JPG
クラッシィタワー南船場。施行は珍しく鹿島です。

038.JPG

041.JPG

これには伝統的に船場が都心であったのに対して、長堀通から南は島之内にあたり、船場から外れた地区になります。つまり船場と歓楽街道頓堀の中間地帯が島之内になります。
大阪の商業は伊藤忠や丸紅といった卸売業であって、直接消費者を相手にしない商業が基本です。
消費者相手の商業の発達は遅れたのですが、大丸や十合・高島屋といった呉服屋から出発した百貨店に続いて、近代になってから、私鉄資本の百貨店が勃興して大成功を収めました。大阪は私鉄がつくった都市といってもいいほどです。
それで南船場を見ると、オフィスが立ち並び都心の雰囲気が濃厚に感じます。

039.JPG
設計監理、IAO竹田設計が多いです。施工は鹿島建設


040.JPG
建築計画

【建築概要】
名称:(仮称)中央区南船場1丁目マンション計画(公式:クラッシィタワー南船場)
所在地:大阪市中央区南船場1丁目23番地(地番)
交通:地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」駅徒歩3分
御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅徒歩9分
用途:共同住宅(分譲)
総戸数:146戸
敷地面積:1,336.64m2
建築面積:646.25m2
延床面積:15,788.53m2
構造規模:鉄筋コンクリート造 地上31階(公式30階建)
高さ:102.32m
工事完了予定:平成27年3月下旬
事業主:住友商事株式会社
設計監理:IAO竹田設計
施工:鹿島建設
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 12:36| Comment(2) | 長堀・心斎橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、今日も晴天の心地良い一日でした(^▽^)

このタワーマンションは、外壁が上品で落ち着いた色合いの建物ですね。外観デザインもオーソドックスながらとても渋いセンスで、僕はこういうタイプのビルは結構好きです。少なくとも昨日記事で取り上げられていた梅田の、高さ70m以下でやけに太い自称「タワー」よりはずっと良いと個人的には思いました(^_^;)

この場所には以前、確かシルバーオックスとかいう衣料品会社のビルが建っていたのですよね(記憶があやふやなため、間違えているかも知れませんが)。南船場というオフィス街の風景にも違和感なく溶け込むように感じました。
Posted by アイラブオオサカー at 2014年05月08日 21:32
こんばんは。アイラブオオサカー様、

天気晴朗なれど、先日の冷え込みで風邪気味です。
たしかに外壁が渋過ぎるくらいに、落ち着いて上品です。
梅田を遊ぶだけの街にしないやつ。やけに太過ぎますね。あまり恰好よくないです。
シルバーオックスというブランドありましたね。どういう会社だったのだろう。
いちど検索してみます。
Posted by マッチ at 2014年05月08日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]