2014年04月11日

(仮称)北浜一丁目プロジェクト2014年4月

大阪・中央区北浜一丁目の「大阪証券会館本館」跡地の建替プロジェクト。
(仮称)北浜一丁目プロジェクト」です。
設計監理:三菱地所設計、施工は大成建設梶A平成27年5月の竣工を予定しています。
取り壊し前、大阪証券会館本館の1階には大阪会議で有名な料亭「花外楼」が営業していた。

kitahama-pj.jpg
完成予想パース。南面

平和不動産が所有する大阪証券取引所ビルでは、2014年3月24日大阪証券取引所は廃止され、大阪取引所(大阪取)になった。
日経225先物をはじめデリバティブ市場専門の市場になったが、今後の課題は新生「大阪取」が世界のデリバティブ市場に互して戦えるかどうか。世界の売買高ランキングでは、JPXは14位に甘んじており、売買高は首位の米CMEグループの8〜9分の1程度にとどまる。東証に 集約した現物株市場の売買代金が世界3位にランキングされているのと比べても見劣りする。

021.JPG
土佐堀川、中之島側です。

022.JPG
すこしズームで引き寄せました。中之島側です。

統合前には大証と東証で不協和音が生じていた。外部の人間から見ると、統合は嫌な大証が強引に東証に統合された感がする。ここでも大阪がだまされたような印象が残る。
デリバティブ市場が有望とささやかれていたが、これまでの大証の努力によるところが大きい。
またも大阪の悪いくせが出たようだ。「実を取って名を捨てる」というのが大阪の悪いくせであった。これは政府のまやかしというほかはない。
「名を捨てて実を取る」ばっかりやっていては、しまいに大阪はなくなってしまう。
「名を捨ててはならない」のを肝に銘じなければならない。

020.JPG
さらにズームです。

057.JPG
最後は南面、土佐堀通側です。全面的に防護ネットに覆われています。

【建築計画概要】
所在地 大阪市中央区北浜一丁目32−1他(地番)
敷地面積 658.30u(約199坪)
構造規模 鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート造、地上9階・地下1階建、制震構造
延床面積 5,562.57u(約1,682坪)
主要用途 事務所・店舗・駐車場
事業主 平和不動産株式会社
設計監理 株式会社三菱地所設計
施工 大成建設株式会社
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(0) | 淀屋橋・本町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]