2011年04月23日

OMMビル・スカイレストランの思い出

とりあえず、OMMビル屋上庭園に行ってきました。写真は現在ですが、文は過去の話しにします。かれこれ40年くらい前です。
OMMビル(大阪マーチャンダイズマートビル)は天満橋にあって、地上22階、地下4階、高さ約80m。延べ床面積131,415uの巨大ビルである。1989年に外装をRC塗装からミラーガラスに改装されている。
大阪万博前の1969年竣工というから、かなり古いビルになるだろう。竣工当時は大阪でも唯一の高層ビルだった。大阪大林ビルや大阪国際ビルより数年早く完成して人気があった。

001.JPG
東向きです。

020.JPG
東から西向き(中央向き)

019.JPG
すこしそらすと右前方に中之島方面。

すこし以前の撮影ですが、視界・天候がいまいちで、気入った写真がないので、躊躇したり延期していました。いつまで抱いていても鮮度が落ちるようなので、ここらでOMM屋上庭園から撮影の写真をご覧いただきます。ちょっとした競演になったようです。

ここに昔、展望レストランがあった。田舎から親戚が出てくるとか、何か機会があるとよく行った。21階のさらに上、22階に展望レストランがあった。何度も行ったのはいわば大阪自慢のつもりでいた。そのレストランが珍しく、当時は人気レストランになっていた。(今はすっかり改装されて、和食の店)
その後、大阪には高層ビルが雨後の竹の子のように増えて、展望の魅力は薄れたからか、いつのまにか無くなっていた。どこが経営していたのか知らずじまいだが、今なら逆に面白い気がする。

OBPのツインタワーが出来た時も展望台が設けられたが、「展望台から見る」より「見られる側なんだけど」とよく思っていた。
OMMの展望レストランは東西に長い屋上中央に突き出した22階にあった。これは今も基本的に変わっていない。まったく違うのはレストランの客席全体がターンテーブルになっていて、ゆっくり回転していた。ちょうどドーナツの円盤に客席が乗っていた感じですね。
回転速度は観覧車よりもすこし遅い感じ。30〜40分程度で一回転くらいか。中央は厨房などがあるのか、固定していた。大がかりな仕掛けだったと思う。

雰囲気を分かってもらうには、コスモタワー・咲洲庁舎の展望台の感じが似ている。あそこがターンテーブルになってる感じかな。
すこぶる見晴らしはよかったけれども、高層ビルのない大阪の景色が広がっていたようだ。22階建とはいえ、まだこっちが見られる側の高いビルだった。

013.JPG

015.JPG

021.JPG
これは梅田方面

004m.jpg
OBP(大阪ビジネスパークの略称)です。

027.JPG
玉造方面になります。

008.JPG
大川ですが桜の開花前だからか、どことなくつまりません。わずかに遠く「サンマークス大日」が見える。似た写真が多いのでこのへんで。

今回の撮影はひと月ほど前の撮影ですが、大阪 nt Nightブログ様 3/4の記事を参考に撮影しました。さすがに写真はプロ級だし、記事のまとめ方もうまいですね。このHP・ブログも大阪の誇りですね。




「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 21:21| Comment(2) | 天満橋・大手前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしい思い出見せていただきました、京阪レストランという会社が運営していました。レストランジャンボです、21Fがステーキハウス、22Fが回転レストランですよ、料理はフランス料理で少し高めでしたが本当においしかったですよ、夏はビヤガーデンになりPLの花火も見れました。
Posted by kazz at 2011年09月13日 14:29
やはり知っている方もおられたんですね。
昔から展望フロア好きだったので、忘れられない思い出です。
レストランジャンボ、京阪レストラン経営とは、詳しくありがとうございました。
もと京阪天満橋駅のあった場所ですし、OMMビル自体が京阪出資で設立されていますから、分かる気がします。
Posted by マッチ at 2011年09月13日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]