2011年02月28日

春を待つ天満橋:京阪シティモール屋上3

天満橋はいうまでもなく、かつて京阪電鉄の始発ターミナル駅であった。OMMビルの東に土佐堀通りと上町筋とのT字交差点が「京阪東口」と称しているのは天満橋ターミナル時代の名残りといえる。
ターミナル時代の天満橋駅は谷町筋の東側にあり、現在のOMMビルの位置にあった。
4面6線という当時としては立派な規模であった。もちろん地上駅で、寝屋川を渡った場所がすぐに駅構内になっていた。

038.JPG
デカ過ぎて入らんOMMビル。地上時代の京阪天満橋駅はOMMビルの場所にあった。地下線の淀屋橋延長は昭和38年4月。

谷町筋に面した正面北側はRを描いた3階建の建物となっており、近鉄上本町駅のようなターミナルビルにデパートといった威厳こそないが、モダンな風貌を備えていたようだ。昔の京阪の京都側終点の三条駅を知るひとは、三条駅を大きくした感じを想像してもらうと雰囲気が分かる。

近鉄上本町も京阪の天満橋も、国鉄環状線から都心側に首を突っ込んだ場所にターミナルを置いたのは不思議だが、国鉄環状線にターミナルを置くにふさわしい場所はなかった。大阪は都心指向が強く国鉄線はいわば場末としか認識されていなかった。
天満橋も上本町も都心の外縁に当っていたが、中途半端でも場末よりはマシと判断されたのだろう。

京阪が御堂筋線に接する、淀屋橋に乗入れを果たしたのは昭和38年4月のことで、この時点で天満橋駅は地下駅になった。天満橋駅は地下と1階のみの準備工事で開業したあと、しばらくして昭和41年に駅ビルが竣工し、松坂屋大阪店が日本橋から移転してきた。
その後は中之島線が平成20年10月19日に開業したのは周知の通りである。

026.JPG
東方向には京橋方面が見える。大川(旧淀川)は寝屋川合流点から上流は大きく北に向きを変える。
斜張橋は人道専用の「川崎橋」。中央付近に見えるのが京阪京橋駅の「ホテル京阪京橋」。左は野江の「ザ・コムズシティ・ツインタワーズ」。右の超高層は「リバーカントリーガーデン京橋」。

024.JPG
京阪シティモール屋上から京橋・OBP方面。

034.JPG
京橋・OBPのアップです。

046.JPG
京阪東口から土佐堀通りの寝屋川の橋を渡ると、京橋がある。なんと京橋は天満橋の近くにあった。京橋駅からずいぶん離れている。

048.JPG
日経新聞社のすぐ横。これが京橋なのだ。土佐堀通りから大手前にショートカットするには京橋を渡る。

047.JPG
京橋のたもとには、こんな碑もある。




「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:02| Comment(1) | 天満橋・大手前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シティモール障害者用トイレに不審者現る、無言で立ち去り後メンソールの匂いがしてました
煙草だけじゃないんじゃないと同行者の弁、オシッコ三人分我慢した車椅子の私!迷惑!
Posted by ナガトモマユミ at 2013年08月09日 13:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。