2010年11月08日

京橋OBP・グラフ特集:1

OBP特集をやる気になって、あまり本気で撮影したこともなかったので、さいど特集のための写真撮影を決行した。
さいわい秋晴れの天気がつづいた11月初旬、小春日和の日差しのなかで撮影することができた。
今回、グラフ特集の構成をどうするか迷ったが、竣工順と規模・高さ順などを基準にしながら、写真主体にラフなスタイルで進めることとしたい。

006.JPG
片町橋からツインタワーを望む。手前右の低いビルはパナソニック電工京橋ビル

029.JPG
クリスタルタワー前から

039.JPG
マルイトOBPビル(ホテルモントレ・ラ・スール)付近から

048.JPG
タワー2本を入れて。

047.JPG
東京海上日動ビルのエントランス前から。昼時になってOLさんたちも出てきました。

051.JPG
東京海上日動ビルの東側まできました。このビルはかなり特徴的な外観です。外梁が格子状に露出している。こんなビルは他にないですね。

054.JPG
JR大阪環状線の近くから、東西道路はアンダークロスして鴫野方面に通じています。

032.JPG
IMPビル前までもどりました。

088.JPG
ツイン21の結合部は、4階までギャラリーの吹抜け大空間になっています。

090.JPG
あとはツイン21に含まれるというOBP円形ホールもあります。

091.JPG
OBP円形ホールを西側から

「ツイン21」はOBPの中核ビル。1986年3月竣工、このビルの完成が事実上のOBPの街開きとなった。二つのタワーと低層部を結んだギャラリー、OBP円形ホールなどで構成される。
OBPパナソニックタワー、MIDタワーと名づけられた2つのタワーは、地上38階、塔屋1階、地下1階、最高高さ157m、延床面積約154,700u。

obpmap.gif
OBP配置図を公式HPからお借りします。面積26ヘクタールとのこと。
OBP・大阪ビジネスパーク特集(1)

OBP全体計画は協議会企業と日建設計なども加わって策定された。
土地区画整理事業、基盤整備などの手続き、道路と川岸の公園化が完成し、十字に交わる道路を中心にスーパーブロックの採用と、建築敷地のGLラインを、1m程度道路面より高くするなどの協定でスタートした。
当時の新聞の切り抜きに、日建設計の社長へのインタビューもあったのだが、大阪の都市軸にふれ、『御堂筋の南北軸だけでは広がりがない。OBPと中之島、南港をつないだ東西軸をつくる必要がある。将来的に京橋が発展するだろう』と述べているのが印象に残った。




「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 14:22| Comment(0) | 京橋・桜宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]