2017年02月23日

ブランズタワー梅田NORTH 2017年2月

とうとうブランズブランドの現場が中津で着工の運びとなりました。
東急不動産は、まるで大阪本社と思えるほどに大阪での工事件数が多いです。
中津が梅田北の中心になりそうです。この現場の南にもマンション物件の工事現場がありました。
005.JPG
現場のPRを撮影しました。

006.JPG

旧東洋ホテル跡地、総戸数653戸
しかも50階建て、搭屋2階、地下1階、高さ168.44mとは、凄いです。

007.JPG
ピアスタワーも見えています。

008.JPG

現在は準備工事にかかったところです。着工は7月になっています。
船場・心斎橋などの旧来の中心地が多かった東急不動産ですが、梅田の北側とは、飛んでますね。
私もかつて流通業界にいたんですが、ダイエーについていった人たち。人間には寿命があるのを完全に忘れていたようです。
施工は大林組、これも超ブランド
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(0) | 梅田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

新日生病院建設プロジェクト新築工事 2018年2月

新日生病院建設プロジェクト新築工事
設 計:日建設計
施 工:大林組・大成建設 建設共同企業体
新日生病院JV工事事務所
設計も施工も、バリバリの一流ですね。

021.JPG

016.JPG

015.JPG

まず、日建設計といえば、住友設計部を源流に持つ世界最大の組織系設計会社です。
工事する側から見ても、検査も厳しく、非常に厳格です。
独自の仕様書を持っています。

016.JPG

019.JPG

この病院の外部仕上げなどを見ると、日生本社本館に非常によく似ています。
重厚な外部仕上げは花崗岩貼りのようです。
普通は毎年出版される国土交通省発行の建設工事標準仕様書を使います。
それには、基準になる部材の材質・グレードなどが書かれています。
それぞれの材質等に専門的な知識も必要になります。
一般世間には有名な設計会社なんてありません。まず、物件の見積りをするには、すべての部材を部材を合計して取付け手間も合せて積算します。
建築により部材のグレード等の見積り条件があるので、条件をクリアしたうえで、最終的には専門業者に依頼して見積りを取ります。

018.JPG

017.JPG

021.JPG

見積りの方法としては、『特命』『見積合せ』『競争入札』の三つがある。信頼のおける施工者をあらかじめ選んでおき,他の建設業者と競争させることなく決定する方法が特命で、いくつかの建設業者から見積書を取り寄せ、その内容を詳しく検討して施工者を決定する方法を見積合せという。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(0) | 四つ橋・西本町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする