2016年07月07日

◆阿倍野⇔舞洲間に3つのおもしろ名物橋梁。

一つ目は両側に螺旋のカーブが続く千本松大橋。

300px-千本松大橋.jpg

DPP_0026.jpg

千本松大橋1mages.jpg

OSK2007102800071.jpg

DPP_0026.jpg

senbonmatsuo_d3.jpg

OSK2007102800071.jpg

千本松大橋_0026.jpg

200px-Shin-kidugawa-ohashi01.jpg

800px-Yumemai_Ohashi_Osa1.jpg

o_yumemai.jpg

二つ目はなにわのベタ踏み坂の異名を取る「なみはや大橋」。大正区の鶴浜と港区の天保山を結ぶ長大橋である。
そして最後は夢舞大橋。

OSK2007102800071.jpg

千本松大橋_0026.jpg

200px-Shin-kidugawa-ohashi01.jpg

OSK2007102800071.jpg

001.JPG
阿倍野⇔舞洲間のルート。手書きで書いたもの。

世界初の浮体式旋回可動橋で、建設には600億円以上の工事費がかかった。
それ以外にも新木津川橋や常吉大橋など珍しい橋がある。
ゾンビがいそうな異様な雰囲気は恐怖を感じる程に非常に面白い。
新木津川橋横の中山製鋼所などはまるでバイオハザードを思わすすごさがある。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 23:21| Comment(0) | 橋・橋梁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする