2016年01月27日

野崎まいりと、しゃれてみた

「野崎まいり」という歌をご存じだろうか。
野崎小唄
昔、東海林太郎 という歌手が歌ってました。
大阪市内から屋形船に乗っていくという、何とも風流な歌です。

014.JPG

003.JPG

004.JPG

慈眼寺( じげんじ)は、大阪府大東市野崎にある寺院。山号は福聚山(ふくじゅさん)。宗派は曹洞宗。本尊は十一面観世音菩薩。本尊にちなみ、野崎観音(のざきかんのん)の通称で知られる。
境内からは大阪平野を望むことができる。境内から吊り橋を通って飯盛山などへ至る登山道があるため、休日は登山者の参詣も多い。

015.JPG

006.JPG

007.JPG

5月頭の無縁経法要(「有縁無縁すべてのものに対し、感謝の読経を捧げる行事)は「野崎詣り(のざきまいり)」の通称で知られ、江戸時代より続く。「野崎詣り」の期間は参拝客で賑わう。

008.JPG

009.JPG

015.JPG

019.JPG
かつての「野崎詣り」は大坂から船で参詣する風景が見られ、人形浄瑠璃や落語等のフィクション作品の舞台となっている。
毎週日曜日に座禅会が開かれており、毎月18日には写経会が開かれている。
「都市の景観と躍動」トップに戻る

posted by マッチ at 23:06| Comment(0) | 府下(東部・河内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする