2015年12月31日

2015年最終直近更新

12月29日奈良に行ってきました。
いつも、よく言っている大阪−奈良間は国道25号ルートの方が早いというのを実践するためです。
帰りはほぼ直線になる十三峠越えで帰ってきました。峠の駐車場で星を眺めましたが、加齢のせいか、ほとんど星が見えない視力でした。

004.JPG

007.JPG

依水園
県庁東の庭園依水園前園と後園の二つに分かれており、それぞれが異なった景観を見せる。前園は寛文12年(1673年)に晒職人であった清須美道清の作庭で、茶室「三秀亭」がシンボル。後園は明治時代に実業家関藤次郎が築いた築山式の池泉回遊式庭園で、作庭は裏千家十二世又妙斎宗室による。寧楽の都をモチーフとし、若草山や東大寺南大門などを借景とする。いずれも大和川支流吉城川(よしきがわ)の水を引いている。海運業で財を成した中村家が1939年に買い取り、前園と後園を合わせた形に整備した。1969年には、中村家所蔵の美術品を展示するため、寧楽美術館を建設して一般公開している。
12月29日に行ってみたのですが、のんびりしたもので、休みになっていました。
忙しい師走に庭園見物もなかろうと、へそ曲がりには何かとこまりものです。

010.JPG


名の由来は諸説あり、池が吉城川の水に依っているためという説や、然庭園内の池が草書体の水の形をしていることに由来するという説、杜甫の「名園緑碌水」の句に由来するなどの説があるが、はっきりしたことは分かっていない。
久し振りにJR奈良駅駅舎を見て帰ってきました。

013.JPG

020.JPG

12月30日はビル新築工事の一本釣りの様子

003.JPG

004.JPG

007.JPG

012.JPG

013.JPG

中之島フェスティバルタワー・ウェストを最終記録しました。
それでは、皆様どうか、良いお年をお迎えください。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 14:52| Comment(0) | 道路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

クリスマスの音楽会 Part2

002.JPG

音源に適当なYoutubeがなかったりして、ページとして完全でなかったので、
まず、冬の星座に代わりに入れる動画を「星の界」という曲を聴いていただきたいと思います。どちらもよく似た曲です。星の界はコンヴァース作曲となっています。



いずれにしても原曲は外国になります。最初日本に音楽が取り入れられたのも、ヨーロッパを中心にした外国だったのです。日本の曲と思える曲ほど、埴生の宿、故郷の廃家などスコットランド・アイルランドだったりします。卒業式で歌われる「蛍の光」「仰げば尊し」もスコットランド・アイルランド説が有力です。
一般には唱歌でひとくくりにされていますが、歌声喫茶の世界では、原曲がどこかというのが厳密に述べられています。

次に「ケ・サラ」という曲を入れ忘れました。



岩谷時子訳詩になっています。歌える人が少ないですが、歌声喫茶の世界では人気があります。
平和で美しい国 信じ合える人ばかり・・・
ケ・サラとはなるようになるさ、そんな意味のようです。

[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 14:47| Comment(0) | 映像SP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする