2015年08月24日

ザ・パークハウス中之島タワー 15.08

日本一の55階建て 超高層免震タワーレジデンス ザ・パークハウス中之島タワーの工事が始まり、いよいよ躯体が上りはじめた。地上55階建 高さ約193m 総戸数894戸の免震タワーマンションです。

resize.jpg
CGによる完成予想

久し振りの中之島タワーの現場を所見しましたが、まったくの想定外の躯体工事になっていました。前回のレポートでは、PC部材を型枠代わりに使うPCF工法と書いたのですが、
コンクリートが硬化した後も取り外しが不要な型枠を「残存型枠」と言います。RC部分では、PCF工法ですが、北側で正真正銘の鉄骨が上り出しています。

009.JPG

012.JPG

013.JPG

015.JPG

この現場の構造はRC造(鉄筋コンクリート造)ですが、厳密に書いてないのでしょうか。
建築計画でも、構造は鉄筋コンクリート造となっています。これはどうなっているのでしょうか。通常、一部鉄骨造なら一部鉄骨造と書くものですが。疑問におもいます。

016.JPG

021.JPG
建築計画

019.JPG

建築計画の文面から読めることは、この現場は竹中工務店の設計施工物件だということです。細部の変更は設計者の了承が必要であるが、そういうVE案は同じ竹中工務店の設計だからということで、すんなり通ったのでしょうか・・・

023.JPG

現場では、そういう打合せがあったのか、工事が進んでいます。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(2) | 中之島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする