2015年08月18日

夏休み秘境ドライブ 国道168号の旅 星のくに 夢の湯 谷瀬の吊橋

まず、大阪からは柏原市国分から国道165号を走ります。
奈良県道30号御所香芝線、穴虫から県道30号山麓線を延々と走り、五條市本陣を目指します。
行き先は、国道168号道の駅吉野路大塔 星のくに、夢の湯、谷瀬の吊橋

001.JPG
途中の標識です。

002.JPG
道の駅吉野路大塔 星のくにに到着です。

005.JPG
道の駅吉野路大塔

011.JPG
宿泊のほうは坂を登ります。

003.JPG
道路の向かい側に郷土館があります。

013.JPG
郷土館と言っても、茅葺のレストランになっており、かなりおススメの食事処です。

015.JPG

016.JPG
ゆっくり落ちついた雰囲気で食事できます。

日帰りには適当な距離です。夢の湯では日帰り温泉に入ってきます。
温泉では老人に声をかけられました。ヨボヨボとお見受けしたのですが、年齢は77歳とのことです。近所のお客と思ったのですが、なんと、大阪狭山市から来たそうです。帰り道「運転には気をつけてください」と言われました。
「はい!ありがとうございます」と答え、先に出て行かれました。

024.JPG
橋の下に見える建物が温泉施設のふれあい交流館

027.JPG

028.JPG
公園も一体に組み込んだ施設は、全体にゆったりしています。

030.JPG

温泉に入るのも、一つの目的でしたが、いちばん遠方の谷瀬の吊橋を先に行った方が良いようです。私は先に夢の湯を下見してから、谷瀬の吊橋に行きました。

043.JPG

040.JPG

036.JPG

044.JPG

久し振りの谷瀬の吊橋でしたが、何から何まで、やはり谷瀬の吊橋がいいようです。
本格的な構造になっていたり、日本一 長さ297.7m 高さ54mとなっています。

047.JPG
吊橋の長さが分かるように横から撮ってみました。

049.JPG



最初に行った時は、団体バス旅行で車酔いに悩まされ、子供がまだ小さく、谷瀬の吊橋の揺れが怖くて子供は橋を渡れませんでした。あれから何年経ったのでしょう。
いつしか子供は35歳を過ぎ、いまだに独身です。
僕に似て異性との付き合いが下手なようです。
僕は孫の顔を見れるのでしょうか?
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 13:47| Comment(0) | 奈良県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

天王寺公園エントランスエリア整備事業 15.08

建設業のお盆休みは、普段は日曜しか休まない建設工事業者も、お盆と正月は特別に休むようです。
おそらく8月13日〜16日にお盆休みになるのではないかと思います。
平成27年10月の完工を目指して、急ピッチで進む天王寺公園エントランスエリアの工事状況です。
施工は竹中工務店 発注者は近鉄不動産となっています。

012.JPG

014.JPG

015.JPG
これは片流れ屋根の南棟です。

天王寺公園の東側(エントランスエリア)で、3つの建物の建築が始まっています。
いずれの建物も図面がなくて詳細は不明ですので、仮に北A棟 北B棟 南棟としておきます。

016.JPG
北B棟の山型屋根が出来てきました。

017.JPG

3棟とも木造軸組のようです。北B(東)棟は、切妻山型屋根で、シーメントリーの端正なデザインです。現在軸組の上に、アスファルトルーフングが敷かれ、ガルバニウム鋼板葺の仕上にかかっています。北A棟は足場が組まれていますが、形状は不明です。
もう一つの、南棟は見たところ片流れ屋根のデザインのようです。
平面でみると、北A棟がいちばん面積が大きいようです。
もう少し工事が進捗したら、建物の形状なども判明することでしょう。

025.JPG

026.JPG

034.JPG
平成27年秋オープン予定です。

もうひとつ、おまけになります。

011.JPG
解体工事が完了しました。

APAホテル天王寺駅前のとなりで、解体工事が完了して、
ドンキホーテホールディングスの建築計画のお知らせが掲示されました。

035.JPG
それによると、
地上13階、地下1階 高さ49.36m

036.JPG
南立面と東西の立面図です。

工事着手時期は平成27年10月15日になっています。
構造は鉄骨造
主要用途に物品販売店舗、ホテルとなっています。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:21| Comment(2) | 天王寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする