2015年04月30日

(仮称)新MID大阪京橋ビル 4月30日着工!

KDDI大阪第2ビルに引き続いて、京橋OBPに、またまた超高層オフィスビルの着工です。
勢い付くOBPに期待したいところです。

003.JPG
工事現場です。

006.JPG
OBPの再浮上なるか。

009.JPG
北寄りから工事仮囲いです。

012.JPG

013.JPG
建築計画お知らせです。

MID都市開発は、大阪ビジネスパークに建設する超高層オフィスビル「(仮称)新MID大阪京橋ビル新築工事」を4月30日に着工した。設計施工は竹中工務店が担当し、2017年9月末の竣工を目指している。
関電グループのMID都市開発は大阪市中央区のパナソニック大阪京橋ビル跡地に超高層オフィスビル「(仮称)新MID大阪京橋ビル新築工事」を建設する。設計施工は解体工事に引き続き竹中工務店が担当する。

015.JPG
敷地内はこんな様子です。

010.JPG

規模は地上22階、塔屋2階、高さ116.27m、延床面積は49,662.14uで、超高層オフィスビルでは珍しいRC造(一部S造)の構造です。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 20:05| Comment(0) | 京橋・桜宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

大阪都構想・5特別区案に対し私から提案します

維新の特別区5区案に対し、私から修正案を提唱します。

img004.jpg
協定書の特別区の説明です。

私からの提案:区名を考えました。
左が維新案=右に提案区名です。
北 区=曽根崎区
中央区=御堂区
東 区=鶴見区
南 区=平野区
湾岸区=住之江区

きのうの夜、直感で決めました。
大阪都構想の是非を問う住民投票が、4月27日告示された。
5月17日に投開票し、賛成が一票でも多い場合、2017年4月1日大阪市は廃止され、特別区に移行する。投票の有権者は大阪市内の有権者で、約214万人が対象である。
もっとも注目された大阪都構想に、ついに決着が下るときがきた。

img003.jpg
協定書のパンフ冊子の表紙です。

この告示の前に、大阪市内の住民には4月15日頃、「特別区設置協定書について」という説明パンフレットが配布されている。内容は分かりやすく平易に書かれたA4中綴じの冊子である。
役所からの印刷物に重要なものは皆無なので、読まずに捨てた人もいるに違いない。
それには、大阪市を廃止して、新たに設置される特別区が説明されている。
現在の24行政区が、5特別区に再編するというもの。
特別区には、その区域と特別区議会の議員定数、それに議員の報酬が書いてある。
「北区」=都島区、北区、淀川区、福島区:19人
「湾岸区」=此花区、港区、大正区、西淀川区、住之江区(南港北、南港東、南港中、南港南):12人
「東区」=城東区、東成区、生野区、旭区、鶴見区19人
「南区」=平野区、阿倍野区、住吉区、東住吉区、住之江区(湾岸区となる区域を除く):23人
「中央区」=西成区、中央区、西区、天王寺区、浪速区:13人
などとしている。

その他に特別区と大阪府の事務分担・・・
それに「町の名称」をどうするか?
行政区の名称は長年使用され住民の愛着も考慮して、一定のルールに基づいて、町名に反映します。
◆原則、新たに設置する特別区の名称と現在の町名の間に現在の行政区名を挿入
例外1.北区・中央区・西区については、旧町名を引き継ぐ観点から、現在の行政区名を挿入しない。
例外2.行政区名と町名が連続する場合は、現在の行政区名を挿入しない。
それ以外にE職員の移管(特別区の職員体制)F税源の配分・財政の調整G大阪市の財産の取り扱いH大阪市の債務の取り扱いI一部事務組合、機関等の共同設置J大阪府・特別区協議会(仮称)〜大阪府と特別区の連絡調整の場〜K各特別区の長期財政推計

それ以外にも、よくある質問に答える形式のQ&Aで質問に答えてあります。
なかなかの内容の協定書でした。

いよいよ、現実味を帯びてきた大阪都構想です。
反対派はいろいろな理由にもならん理由を述べていますが、この住民投票が否決されたら、もう二度と大阪は浮上しないでしょう。もう二度と同じような構想が提唱されることもないでしょう。
その意味では、オリンピックに落選した以上に重要な投票になります。

もう半年ほど前になりますが、スコットランドの独立も住民投票されました。
いざとなれば、変化が怖い。とんでもなく怖いのが人間です。
このままでいいやで、スコットランドの独立はなりませんでした。
ある程度、一歩を踏み出す勇気も必要かもしれません。

【自己総評】
私は過去において、永くネットをやってきた経験からいうと、様々な理由がありますが、何が何でもやり遂げなければならないのが大阪都構想です。
多くの人たちの思考を知っている私は、ある程度、そういう思考も考慮したいと考えます。
ネット掲示板によくあった指摘に、方向区名が嫌いというのもありました。
維新案の特別区5区案はいずれも方向区名になっています。
これを多少なりとも修正したいのが、正直なところでした。

湾岸区は、おもいっきり方向区名のようなもんだし、
中央区も浪速区とする案もすこし考えましたが、最終的に浪速区も西成区も捨ててしまう結論になり御堂区としました。東区は過去に南区と合併して中央区になった経緯があります。
ところが、特別区の東区は中心区を置き去りにしてJR環状線以東です。だから比較的新しい鶴見区を復活させてはと考えました。
ところが、南区はといえば、阿倍野区、住吉区を含む南部です。ここも鶴見区と同じ発想で、比較的あたらしい「平野区」を採用しました。
さいわい、特別区はどのような名称になろうとも、的確なルールが書いてあります。
とりあえず、以上とします。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 15:56| Comment(9) | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする