2015年02月28日

阪神電鉄 甲子園駅リニューアル 大屋根・ホーム拡幅工事 15.02

目玉は、なんと言っても、大屋根を設けて大胆なイメージチェンジを計りました。

甲子園俯瞰.png
完成予想図です。

大屋根は(縦45m×横45m)は、ホームの中央付近、県道浜甲子園線の上部に、膜素材を用いた大屋根を設けました。
工事は、鴻池組・ハンシン建設JVで行われています。鴻池組がハンシン建設を差し置いて、頭になっているのは、規模と格式の違いによるものだろうと思います。
ハンシン建設は阪急東宝グループ。

甲子園ホーム3.png
甲子園駅配線図

阪神電気鉄道、神戸高速鉄道は、改良工事中の阪神・甲子園駅で、上り(梅田・難波方面行き)ホームを拡幅し、2015年2月21日(土)から供用開始しました。

006.JPG
下り方を見ています。北側上りホームより。

012.JPG
下りホームから、近鉄の電車が入ってきました。

009.JPG
下り方です。中央に引上げ線があります。上り下り両方から入れる配線です。シングルスリップが使われています。

014.JPG
南端のホームは、まだ工事中です。3月21日使用開始とか。線路はPC枕木で、途中まで敷設されています。

020.JPG
2月21日(土)から使用開始した上りホームです。広くなっています。

028.JPG
外から見ると、こんな感じです。

033.JPG
工事標識です。

 下り(神戸三宮駅方面行き)ホームの拡幅は、2015年3月14日(土)から供用を開始する予定です。
阪神電気鉄道では、センバツ高校野球の始まる、3月21日をめどに下り線の降車専用ホームも使用開始を予定しているという。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 14:10| Comment(0) | 大阪圏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする