2015年02月20日

大阪メトロポリスタワー計画(OMPタワー) 15.02

012.JPG

いまだに反タワーマンションをコメントに書く方がおられます。削除しますが。
大阪の現状を把握したうえで、正論を述べてほしいと思っています。
今回のコメントもバランスがどうのとおっしゃる。

014.JPG

018.JPG

017.JPG

015.JPG

015.JPG

先日、同窓会のことを書きました。約50年以上前の大阪市内の小中学校の卒業、同窓会です。調べると大阪市内小学校卒業者の現住所は奈良県在住が大半を占めています。
そして、現在は孫の代になっています。孫は奈良で育った子供です。
学園前、生駒、富雄など、近鉄大阪線では、五位堂(真美が丘)や大和八木という方もいます。大阪でも東住吉区という特性上、奈良県が多いのです。
これらは大阪圏の良好住宅地になっているのはご存知のことと思います。

019.JPG

026.JPG
木津川上流です。中之島センタービルが写っています。これがKDDI大阪第二ビルと同規模です。

私くらいの年齢の者が、大人になったとき、残念ながら大阪市内には良好な住宅地がなかったのです。現在、大阪市内は古い老朽化した住宅が無制限の続いています。
徐々に新しい戸建て住宅が建っていますが、所詮はミニ開発で、大規模良好住宅地にはなりません。
いまから40年前頃に坂本二郎(大阪出身)という未来学者がいました。
その学者の大阪論は、大阪市内には住宅地は無いと言っていました。
ただ商工混在地域が無秩序に広がるだけと。
大阪市内という面積狭小な市域を考慮しない都市論でしたが、考えさせられる都市論でした。

私の考えを述べます。
大阪市内にタワーマンションが多く建っていますが、まだまだバランスには程遠いです。
バランスというならば、大阪市内の老朽住宅を全部つぶして、タワーマンションに建替えても足りないくらいです。現在は、用途変換の流れが継続していますが、このペースで行っても、あと、50年以上かかるものと想像されます。
そもそも、都市というものは、行政の境界線にとらわれると認識を誤ります。
行政の境界にとらわれることなく、あくまで、中心点からの距離に準拠すべきです。
大阪は現在でも半径10kmの圏内に400万人が居住している、超過密都市なのです。
半径10kmの円を描くと、その円は大阪市内全体がすっぽり入るだけでなく、尼崎、豊中、吹田、摂津、守口、門真、東大阪といった周辺衛星都市群の一部も含まれます。
他の都市を見てみると、東京23区、名古屋、横浜など、少なくとも都心業務地域以外に住宅地も包括しています。大阪だけが、面積が狭すぎたために、住宅機能の欠落した都市になっています。現在は、大阪市内において、住宅機能の大幅な機能修正が起こっているのだと、理解してほしいのです。この方向性は間違いではない。
50年〜100年かけて徐々に修正されるだろうと思います。ですから、大阪市内にタワーマンションが林立するのは大歓迎なのです。これがバランス感覚と思います。
OMPタワーですが、現在34階あたりまで伸びています。まだ10数階残しています。
さらに高く伸びて、「うほっ!」となることでしょう。

【(仮称)西区阿波座駅前計画(2工区)】
敷地位置:大阪市西区江之子島2丁目(住居表示)
建築の用途:分譲共同住宅
事業主:名鉄不動産・関電不動産・長谷工コーポレーション・ヤスダエンジニアリング
設計・施工:長谷工コーポレーション
建築面積:2050.54u
延べ面積:65837.50u
構造:鉄筋コンクリート造
高さ:152.42m
階数:地上46階・地下1階
工事完了予定時期:平成28年3月末日
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(7) | 四つ橋・西本町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

ジオタワー南堀江 15.02

正直、見る方向でかなり印象が変わりますが、予想以上に高く伸びていたら、思わず声が出ます。
この「ジオタワー南堀江」がまさにそうでした。思わず「うほっ!」と、声が出ました。
今回は定点観測にします。変化はズームだけになります。

032.JPG
まず、標準に近いロングで撮影。

033.JPG
徐々にアップしてゆきます。

036.JPG

近くに大阪市立中央図書館があります。中央図書館の裏に市立西高校があります。
新なにわ筋と長堀通の交差点は「鰹座橋」で、すぐ東の交差点は「白髪橋」となっています。昔、京都人の上司が「しらがばし」と言っていたのが印象に残っています。
最近の事情はどうなんでしょう。大阪の会社にはかならず、京都人が何人かいました。

030.JPG
夕陽が差してきました。

029.JPG

bg_1.jpg
最後は公式から、完成図です。

【ジオタワー南堀江 物件概要】
構造・階数:鉄筋コンクリート造 地上35階建・塔屋2階建
敷地面積:2582.52m2
完成時期:平成28年2月下旬(予定)
事業主:阪急不動産株式会社
設計・施工:竹中工務店
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(3) | 四つ橋・西本町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする