2014年12月08日

大阪環状線に新型車両「323系」を投入 4ドア国鉄型の103系・201系をすべて置換え

昨年度から始まったJR西日本の中期経営計画『大阪環状線改造プロジェクト』・・・
いよいよ新型電車「323系」が平成28年にも登場する。

141208_323-2.jpg
新型の323系電車。

JR西日本が2014年12月6日に発表したもの。
323系は3ドア、ロングシートを採用する。これにより、大和路快速、関空紀州路快速の車両とドア配置が同じになり、ホームドアの採用が容易になる。

009.jpg
関空紀州路快速の電車。

019-2b5f6.jpg
環状運転に使用される201系(103系)通勤型電車。

新型車両「323系」デビューへ JR大阪環状線プロモーションムービー


オレンジ色の国鉄型の車両「103系」及び「201系」をすべて置換える計画である。
案内ディスプレイは各車両に8箇所【16画面】、車椅子・ベビーカースペース、優先座席に個別仕切りを採用する。
混雑車両の出入口スペース拡大する。また客席照明はLED化する。
『大阪環状線改造プロジェクト』をよりシンボリックにするため、323系の先頭部と側面にロゴマークを入れる。
投入線区:大阪環状線・ゆめ咲き線
車両数:168両(8両編成21本)
投入時期:平成28年〜平成30年に順次投入
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 23:40| Comment(4) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする