2014年12月02日

仁徳天皇の陵墓は百舌鳥古墳群にあり、では、宮殿・都は、どこにあったのか?

ここで掲示板の履歴を引用することにします。
仁徳天皇の皇居は「難波高津宮」であることを取り上げたが、これは常識のようで意外に盲点になってる。何か吹っ切れないものを感じる。
高津宮の読みの振り仮名は、高津宮(たかつのみや)と読む。

MIYAKO_HOTEL_OSAKA.jpg
上本町のシェラトン都ホテル大阪。

800px-Preceding_naniwanomiya2.jpg
大阪歴史博物館にある「後期難波宮」の模型です。

上本町付近の現在の地名は高津(こうづ)であり、府立高津高校も「こうづ」である。
孝徳天皇の法円坂の難波宮(なにわのみや)の場合は、正式には「難波長柄豊崎宮」で「なにわのながらのとよさきのみや」となっている。仁徳天皇稜も同じように、百舌鳥耳原中稜は「もずのみみはらのちゅうりょう」などとなる。お役所的な言い方であるが、理由は知らない。

「難波長柄豊崎宮」の長柄豊崎は、長柄も豊崎も北区に現存する地名であるが、長い柄のような御崎というほどの意味であろう。つまり、上町台地の半島の岬に近い場所が長柄、豊崎になる。
もうひとつ、帝都つながりなので、以前のブログの去年の記事を再録しておきたい。
ズバリ「帝都大阪」のタイトルだった。
▼近代の夜明け明治維新に、もし「帝都大阪」が実現していたら、江戸を東京と改称したように、大阪でなくなっていたかもしれませんね。
大久保利通の「大阪遷都計画」です。これは大阪に関心のある人たちにはわりに知られた事実ですが、一般的には知られざる歴史と言えると思います。

▼その「大阪遷都」を調べていて、わかったのがNHKテレビの『その時歴史が動いた』で、「幕末ニッポン・幻の遷都計画」として、平成14年5月に放送されていたのですね。完全に見逃していました。惜しいことをしましたが、内容を知りたいよりも、この「大阪遷都計画」があったことを全国放送された事実が重要なので、NHKの番組のHPをリンクしておきます。内容説明を見ると普遍的な事実が述べられています。
でも、もう一度確認すると、、
いつの間にか消去されたようです。

ちなみに「大阪市歌」を以前にも紹介したことがあるのだが、歌詞は、
『高津宮の昔から、民のかまどに立つけむり、にぎわいまさる大阪市』・・・となっている。
奈良・平城京遷都が710年、京都平安京遷都は794年であるから、高津宮の313年は平城京より400年古いことになる。

800px-Osaka_Castle.jpg
大阪城天守閣。

NintokuTomb.jpg
問題の仁徳天皇陵です。

ここで、ネットの掲示板の反応!
KOZU様
大阪は「秀吉‐大坂城⇒大阪の象徴」というイメージを払拭しなければならないと思います.それは大阪の歴史の中でのひとつのイベントではありますが,むしろ江戸時代に経済中枢として先物を発明した,といったイベントのほうが,よほど重要なように思います.実際,大阪の中心は中之島であり,城下町と言われる都市の中で城が中心にならない数少ない都市です.本来は城下町に分類してはならない都市だと思います.また,もちろん,門前町や宿場町でもなく,あえて言うなら普遍都市?とでも言いたくなります.

Bさんも難波宮についてコメントされていますが,私も大阪にとって大阪城より難波宮や四天王寺のほうがずっと価値が高いと思います.そのほか文楽や上方歌舞伎と吉本新喜劇はきちんと区別するなど(今の大阪にはそれさえわかっていない人が結構多いと思います),戦略的歴史・文化教育の重要性はことのほか大きいと思います.それは通常の受験歴史教育とは区別し,総合的学習などで実現すべきものだと思います.

1024px-Shitennoji07s3200.jpg
四天王寺

Sumiyoshi_Taisha_Honde.jpg
住吉大社の本殿

最古の首都に価値を置いた政策をとるべき
100%賛成です.これを強調されたら,京都も奈良も吹っ飛んでしまいますからね.日本最古の普遍的なフォールムという本質的な価値に加えて,大阪発信の戦略性という意味からも「日本最古の首都」,もっと言えば「最古かつ唯一のフォールム」がよいと思います.その観点から,難波宮の発信や四天王寺の原型再現など手がけると面白いかもしれません.
難波宮にどう魂を吹き込んで確立するかは戦略が必要かもしれませんね。藤原京という話もあったりするので。
煎じ詰めると、奈良・大和よりも大阪が古いと私は思っています。応神、仁徳の大阪王朝ということですね。河内王朝とか河内大王とかいわれますが、陵墓は河内でも皇居は難波ですから、この言い方はおかしいのではないでしょうか。


(ENZO様)
皆さん、はじめまして。大阪王朝が盛り上がっているので書き込みします。
「河内王朝」が不適切で「大阪王朝」が望ましいのは、地理的事実から客観的に主張できると思います。

(ENZO様)
まず、仁徳陵のある百舌古墳群の場所は河内国というより和泉国であり、まずそこで河内王朝が不正確といえます。
《長文になるので、掲示板はいったん切ります。》
KOZU様他のネットハンドル名も出させてもらいました。ご了解をお願いします。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 21:11| Comment(0) | 天満橋・大手前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする