2014年11月23日

JR学研都市線(おおさか東線)線増工事 鴫野駅付近の状況part1 14.11

線路の敷設が続く鴫野駅、片町線(学研都市線)鴫野駅付近の線増工事の状況にします。
おおさか東線は、放出−久宝寺間が2008年3月15日に部分開業しており、北梅田(仮称) −新大阪−放出間が2018年度末の開業を目指している。当初、新大阪−放出間の計画であったが、計画の変更で、新大阪から、(仮称)北梅田(JR貨物梅田駅跡地)まで計画が延長された。

019.JPG
鴫野駅の全景です。開業後は、現在の学研都市線がおおさか東線となり、新設線路が学研都市線になります。

018.JPG
線路敷設が続いています。

017.JPG
長い分岐器が敷設されています。

021.JPG

城東貨物線を改良して旅客化を行うにあたって、第三セクター会社の大阪外環状鉄道が第三種鉄道事業者として路線の建設(改良)と施設の保有を行い、JR西日本が第二種鉄道事業者として旅客営業を行う上下分離方式が採用された。旅客営業開始後も日本貨物鉄道(JR貨物)が第二種鉄道事業者として貨物列車の運行を継続している。

010.JPG
JRFのEF200が通過しました。

022.JPG

023.JPG
四条畷方面行が停車しました。新設線路はホーム手前で止まっています。

024.JPG
放出方です。

計画工事中の北区間の未開業区間は、新大阪−放出駅 11.1km(鴫野駅 - 放出間1.6kmを含む)。営業中の区間は、放出−久宝寺間 9.2kmとなっている。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする