2014年11月20日

OBP・京橋大阪城プロムナード街路のケヤキ並木色づく14.11.20

OBPの南北街路「京橋・大阪城プロムナード」のケヤキ並木が色づいた。
同街路は、OBPの中心街路で、ツイン21と富士通関西システムラボラトリに挟まれた道路にケヤキ並木が植えられている。とくにツイン21横のケヤキは当初から大きな木が植えられ、初めから見栄えのする木が植樹された。

047.JPG
シアターBARAVA付近から北方向を望む。

私の記憶だと、1本200万円の大きな木が、街路の両側に数10本植えられた。
中央交差点から南、シアターBARAVA寄りは、多少小さな木になるが、大阪で、見事なケヤキ並木が見られる数すくない街路である。

049.JPG
京橋・大阪城プロムナードの並木。

関東では、ケヤキを好んで植樹される傾向があるのだが、原宿・表参道などが典型的なケヤキ並木になるだろう。東京・表参道の街路樹がケヤキでなかったら、ただの田舎道になってしまう。
ケヤキが街路の景観や沿道店舗の雰囲気、オシャレに密接に関連している。

048.JPG
ケヤキは冬には葉を落とし、春から夏には、大きく茂り、影を作って涼しい。

大阪ではケヤキ並木は意外に少ない。
ケヤキの美を分からない人も多く、紅葉はことのほか美しい。
近畿では、モミジやカエデが好まれる。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 22:00| Comment(0) | 京橋・桜宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする