2014年11月23日

JR学研都市線(おおさか東線)線増工事 鴫野駅付近の状況part1 14.11

線路の敷設が続く鴫野駅、片町線(学研都市線)鴫野駅付近の線増工事の状況にします。
おおさか東線は、放出−久宝寺間が2008年3月15日に部分開業しており、北梅田(仮称) −新大阪−放出間が2018年度末の開業を目指している。当初、新大阪−放出間の計画であったが、計画の変更で、新大阪から、(仮称)北梅田(JR貨物梅田駅跡地)まで計画が延長された。

019.JPG
鴫野駅の全景です。開業後は、現在の学研都市線がおおさか東線となり、新設線路が学研都市線になります。

018.JPG
線路敷設が続いています。

017.JPG
長い分岐器が敷設されています。

021.JPG

城東貨物線を改良して旅客化を行うにあたって、第三セクター会社の大阪外環状鉄道が第三種鉄道事業者として路線の建設(改良)と施設の保有を行い、JR西日本が第二種鉄道事業者として旅客営業を行う上下分離方式が採用された。旅客営業開始後も日本貨物鉄道(JR貨物)が第二種鉄道事業者として貨物列車の運行を継続している。

010.JPG
JRFのEF200が通過しました。

022.JPG

023.JPG
四条畷方面行が停車しました。新設線路はホーム手前で止まっています。

024.JPG
放出方です。

計画工事中の北区間の未開業区間は、新大阪−放出駅 11.1km(鴫野駅 - 放出間1.6kmを含む)。営業中の区間は、放出−久宝寺間 9.2kmとなっている。
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

初冬の中之島散策 難波橋〜ばらぞの橋

難波橋、中之島公園付近を散策しました。
日没時刻が非常に早くなってきました。大阪の日没が最も早くなるのは、11月30日から12月10日まで日没が16:47です。それから徐々に日没が遅くなります。

017.JPG
難波橋から見た建築工事中の「新ダイビル」です。

011.JPG

010.JPG

12月22日の冬至より、かなり早い時期に日没が早くなります。冬至の日と一致しないのです。反対に日の出時刻が最も遅くなるのは、1月になってからのはずです。
まず、中之島公園を目指して、難波橋を北から南に渡ります。見えてきたのは建築工事中の「新ダイビル」です。これくらいの高いビルですと、かなり離れた方がよく見えます。
ビデオ撮影もしましたが、すぐにアップできません。

013.JPG
「北浜一丁目プロジェクト」は、かなり出来てきました。ハークタワー北浜も見えています。

016.JPG
北浜一丁目プロジェクトです。

それから、北浜一丁目プロジェクトがどうなっているか、久し振りに見たら、かなり出来上がっていました。
【北浜一丁目プロジェクト】
「大阪証券会館本館」跡地の建替プロジェクトです。
伊藤博文や大久保利通らによる大阪会議が催された名門料亭「花外楼」もビル完成後に再入居する。
設計監理 株式会社三菱地所設計
施工 大成建設株式会社
鉄骨・鉄筋コンクリート造
地上9階・地下1階建、制震構造
延床面積 5,562.57u(約1,682坪)
主要用途 事務所・店舗・駐車場
事業主 平和不動産株式会社

029.JPG
ばらぞの橋付近から見るフェスティバルタワーです。

030.JPG

032.JPG

021.JPG
ばらぞの橋からです。

それから、ばら園の中を、天神橋方向に、ばらぞの橋あたりまで歩きました。

024.JPG

028.JPG
バラはおまけです。
遠景を見ると、新ダイビルもですが、中之島フェスティバルタワーがやはり目立って巨大です。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 01:23| Comment(0) | 中之島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする