2014年11月26日

TELEHOUSE OSAKA 2(KDDI大阪第2ビル) 文句なしの完璧上棟14.11 partV

TELEHOUSE OSAKA 2(KDDI大阪第2ビル)を追って通うこと3度、4度・・・。
11月15日・19日と通ったが、11月22日、とうとう鉄骨が完璧なカタチで組み上る姿を捉えた。2度・3度と撮影した、その当日にはブログにアップしました。
完璧上棟を捉えたのは、11月22日だった。

030.JPG
夕暮れのクリスタルタワーです。

031.JPG
西の空を見ると、茜色に染まってました。

033.JPG
足元のOBPの舗道は、ハゼの木が染まっていました。

034.JPG
この場所から「KDDI大阪第2ビル」が見えています。

035.JPG
ホテル「ニューオータニ」も赤く染まっていた。

連休も現場は動いており、連休後半の24日には天候はくずれ、一日雨が降る天気になりました。紅葉の取材を決行するつもりにしていたのも、やむなくとりやめました。
11月26日も天候は雨天のようです。紅葉は11月いっぱいで終ってしまうだろう。
かにかと、やきもきさせる天気です。

037.JPG

039.JPG
定点場所からです。

038.JPG

040.JPG
とうとう完全上棟を捉えました。

042.JPG

【KDDI大阪第2ビル新築工事概要】
建築主:KDDI株式会社
設計施工:大林組大阪本店
敷地位置:(地名地番)大阪市中央区城見2丁目2番4
建築物の用途:通信局舎・事務所
敷地面積:13,223.30u
延べ面積:申請52,000.00u 全体87,945.99u
容積対象面積:申請48500.00u 全体83,982.35u
構造:S造(一部SRC造)耐火構造
高さ:130.00m
階数;地上20階、塔屋2階
工事完了予定時期:平成27年6月末日
「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 00:00| Comment(0) | 京橋・桜宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

JR学研都市線(おおさか東線)線増工事 鴫野駅付近の状況partU14.11

partUでは、鴫野駅のホームから見た様子にします。視点によって、やはり見えるものが違うようです。
おおさか東線は、放出−久宝寺間が2008年3月15日に部分開業しており、北梅田(仮称) −新大阪−放出間が2018年度末の開業を目指している。当初、新大阪−放出間の計画であったが、計画の変更で、新大阪から、(仮称)北梅田(JR貨物梅田駅跡地)まで計画が延長された。

002.JPG
線路の敷設が続く京橋方です。

004.JPG
新しいポイントなどが設置されています。

005.JPG
既存の部分です。

011.JPG

007.JPG
振り返って鴫野駅のホームです。

016.JPG
ふと線路を見ると、浮かせていた線路はコンクリートを打設して固めていました。後方が型枠をばらした部分です。

017.JPG
型枠、CON打設の終わった部分の境目です。

018.JPG
新設ホームには待合室らしきものも設置されている。

026.JPG
京橋・北新地方面ホームに上がるエレベーターは閉鎖されていました。

おおさか東線関連の余禄を書いておきますと、
当初、北区間は新大阪−放出間の計画であったが、計画の変更で、新大阪から、(仮称)北梅田(JR貨物梅田駅跡地)まで計画が延長された。
計画は突如変更されたのですが、JR側で詳細に検討してみると、これまでの計画が絵に描いただけの計画であることが分かってきました。(仮称)北梅田をまたぐ区間は地下化される予定です。梅田再開発区域(北ヤード)の地下化の計画で、地下区間を早く着工しないと北区間全体と、地下駅開通が間にあわない。

023.JPG
京橋方面のホームの様子です。

@新大阪までの計画でよいものか。
Aなにわ筋線をどうするか。(おおさか東線となにわ筋線を直結は可能と考えます)
B梅田貨物線(吹田−梅田−安治川口)をどうするか。
[PR]



「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 17:46| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする