2016年08月28日

2016年08月23日

コメダ珈琲店に行ってみた。コメダという名前は創業者の家業が米屋で、名古屋市に本拠がある。

株式会社コメダ珈琲店は、愛知県名古屋市に本社を置く、喫茶店チェーン・珈琲所コメダ珈琲店などを展開している日本の企業である。コメダという名前は創業者の家業が米屋で、「コメ屋の太郎」にちなむものである。

007.JPG
富田林の郊外の店舗。待ち客が多数いる満員の盛況であった。

003.JPG
トイレ内部。最新の設備が設置してある。

011.JPG
注文したコーヒーフラッペ、

012.JPG
金剛東店内部

006.JPG
コメダ珈琲店天神橋六丁目店

1968年1月に創業者・加藤太郎が名古屋市で「コメダ珈琲店」を開店。元々個人経営していた喫茶店だったが、1970年からフランチャイズ展開するようになり、1975年8月に法人として株式会社コメダ珈琲店を設立。1993年4月にフランチャイズチェーン運営を目的として株式会社コメダを設立した。コメダ珈琲店のフランチャイズ展開を推し進める一方で、さまざまな実験店舗も展開している。2014年11月28日に株式会社コメダを株式移転完全子会社とする単独株式移転により、持株会社である株式会社コメダホールディングス(コメダHD)が設立されている。

大阪にはUCCが運営する喫茶館がある。名古屋の方が盛況のようである。
妹夫婦がすんでいる河内長野に行ったついでに立ち寄ったもので、中々の盛りだった。

「都市の景観と躍動」トップに戻る
posted by マッチ at 21:55| Comment(0) | 府下(和泉・南河内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする